歳時記

思案するより歩き出せ

投稿日:

 今夜は埼玉県の大宮支部へ空手の指導に出かける。
 先般の秩父合宿で、支部長の体調がよくないと聞いて、
「じゃ、行こう」
 と決めたのである。
 ものぐさな私は、支部へはめったに行かないのだが、ものの弾みで、
「じゃ、行こう」
 ということが、ごくたまにあるのだ。
 空手に限らず、私の人生は、たいてい「ものの弾み」で動いている。
「大事の思案は軽くすべし。小事の思案は重くすべし」
 とは『葉隠』の一節だが、私は「大事」も「小事」も思案することなく、軽いノリでやってしまう。
 そんな私を、愚妻は「軽はずみな人間」と言う。
 そうかもしれない。
 だが、思案とは、
「不確定な未来に対して、自分の都合をもとに、あれこれ考える」
 ということに過ぎない。
 だから、迷いが生じる。
 決断できず、グズクズする。
 私は「グズグス」が大嫌いなのだ。
 
 したがって、
「じゃ、行こう」
「じゃ、やろう」
「じゃ、やめた」
 何事も即決となる。
 当然ながら、後悔することも少なくない。
 だが、思案して決断しても、後悔は常について回る。
 だったら、グズグズと迷うことはないのだ。
「大事の思案は軽くすべし。小事の思案は、もっと軽くすべし」
 グスグズと思案なんかしていないで、さっさと腰を上げて歩き出せばいいのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.