歳時記

自分を活かす

投稿日:

 10月発売の拙著について、編集者からタイトルの打診があった。
 タイトルに関しては、どうしてもマズイと思うもの以外は編集者に一任である。
 正直言って、
(どうかな?)
 と思うタイトルもたまにはあるが、編集者が知恵を絞ったものだ。
 私は、その努力に敬意を表するのである。
 それにこの世界、「勝てば官軍」で、売れた本は、
「いいタイトルですねぇ」
 と周囲から賞賛されるが、売れなければ、
「タイトルが、ちょっとわかりにくいかもしれませんね」
 と言われたりする。
 タイトルは結果論である、というのが私の考え方なのだ。
 実は、人間の苗字や名前も、これと同じことが言える。
 知人の苗字は変わっていて、よくイジられていた。
「俺は苗字で人生を損している」
 と、飲むとよく歎いていたが、同じ苗字で有名人になった人間がいて、この人の場合は、苗字変わっているがゆえに世間に、よりアピールするのである。
 妙な苗字であっても、「勝てば官軍」なのだ。
 名前だけではない。
 短所も同じで、短所がトレードマークになる。
 こうした処し方を「自分を活かす」というのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.