歳時記

マッサージの割引券

投稿日:

「ちょっと、還暦さん」
 愚妻が昨日から、私のことをそう呼ぶ。
 60歳まで生きてこれたことに感謝するのではなく、面白がっているのだ。
 バチ当たりというのは、まったく度し難いものである。
 しかも、60歳になったその日に市役所の支所に出かけ、マッサージ等の割引使用券を発給してもらってきて、
「次からこれを使って」
 と、私に手渡した。
 私は週一のペースでマッサージにかかっているので、割引使用権は結構なことだが、何も60歳になった当日に渡さなくてもよいではないか。
 これは、あきらかにイヤ味である。
「バカ者、そんなものが使えるか」
 と、威勢よくタンカの一つも切ればいいのだろうが、
「おっ、いいねェ」
 と、思わず破顔していた。
 やっぱり私は還暦なのだ。
 肩ヒジ張らないで生きいくことにしよう。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.