歳時記

今年は「ひたすら打ち込む」だ

投稿日:

 明日、九十九里の仕事部屋から帰宅する。
 夕刻、編集者と都内で打ち合わせがあるからだ。
 それはさておき、畑はいつ行くか。
 忙しさにかまけ、ご無沙汰して早や2ヶ月になる。
 冬場の畑はすることがないとはいえ、これはよくない。
 何しろ、このブログの題名を「日々是耕日」としたのは、日々是「好日」をもじってのことで、大地を耕しつつ人生について考え、発信するのが目的だった。
 ところが、「耕日」が「休日」になり、いまや「日々是休日」とあっっては、シャレにもなるまい。
 今年は大地に鍬(くわ)を打ち込もう。
 意味を求めず、ひたすら打ち込むのだ。
 そうだ。
 今年は、意味を問わず、理屈を振りまわさず、「ひたすら打ち込む」で生きてみよう。
 で、さしあたっていつ畑に行くか。
 手帳を開き、いま思案しているところである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.