日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

最近、独り言が多くなった

投稿日:

「ちょっと、おかしくなったんじゃないの?」
 愚妻が眉をひそめる。
 最近、独り言が多くなったと言うのだ。
 言われてみれば、そうかもしれない。
 で、よくよく考えてみると、原因は昨夏にあることがわかった。
 仏教を勉強するときに、文章を目で見て、声に出して、書いておぼえるようにしたのだが、どうせやるならと思い、暗記すべきことがらを道場のホワイトボードに書きつけ、〝架空の生徒〟を前に、授業をするようにして勉強したのである。
「エー、信心とはだねェ」
 ひとりでしゃべりながらホワイトボードに書きつけ、説明していくのである。
 やってみると、すぐにおぼえられるし、これが気分がいいのだ。
 それが、知らず知らずのうちにクセになったのだ。
「さあて、ジャガイモは2月半ばだな。おっ、その前に畑を耕さなければ」
 と、無意識に口に出して言う。
「ちょっと、それ、私に言っているの?」
「何のことだ?」
「いま、ジャガイモがどうのって、ブツブツ言っていたじゃないの」
「そうかな」
 そして、愚妻は冒頭のセリフ、
「ちょっと、おかしくなったんじゃないの」
 と眉をひそめるのである。
 だが、その表情は、私のことを心配してくれているのではない。
「おかしくなると、私が迷惑するから」
 と、顔に書いてあるのだ。
 私の独り言は、はからずも愚妻のホンネを引き出したのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.