歳時記

歳の取りようが足りない

投稿日:

 このところ、畑はまったくご無沙汰である。
 愚妻も同様である。
「行けよ」
 と言うと、
「あなたの担当でしょう」
 と言い返してくる。
「わしは忙しくて時間がない」
「忙しいのは、あなただけじゃないわよ」
 と言い返してくる。
 そう言えば、東日本大震災のとき、
「バカって言えば、バカって言う。谺(こだま)でしょうか。いいえ、誰でも」
 そんなAC機構のCMが四六時中、流れていたことを唐突に思い出した。
 年明けの三月で、震災からまる二年が来る。
 震災と原発の教訓を、意識の中で風化させてはならない。
 来年はどういう一年にするか。
 そんなことを考えつつ、
「人間、明日の命がわからないのに何をバカなことを」
 と我が身を叱責する。
 何事も「折り返し地点」までの道は遠く、半分を過ぎればあとは早い。
 知人が「歳を取ると一日が長く、一年が経つのが早い」と言って笑っていた。
 私は、一日も一年も経つのが早い。
 どうやら、歳の取りようが、まだ足りないのかもしれない。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.