歳時記

「畑」と「人間の性格」

投稿日:

 畑仕事は、性格があらわれる。
 今朝、野菜の苗を植えに出かけたときのことだ。
 私は草の茂り具合が気になり、畑に着くや、すぐに草のチェックに走ったところが、
「あっ、スナップエンドウがなっている!」
 愚妻の喜色の声である。
 彼女は、草の状態よりも、ジャガイモの生育具合よりも、収穫が何より気になるのである。
「豆はあと! まず、草と土寄せだ!」
 叱責するが、馬耳東風。
 そそくさと収穫を始めたのである。
 愚妻は、そういう女なのだ。
 私は額に汗をしたたらせながら、草を引き、ジャガイモやネギの土寄せをし、諸々の野菜を植えた。
 そこへ、畑大指南役のS氏が登場して、
「ちょっと、ここ、土寄せができていないよ!」
 とジャガイモのそばで私に言う。
「エッ? いま土寄せしたばかりですよ」
「したばかりたって、ここ、やっていないじゃないの」
 見ると、確かにしていない。
「ホントだ」
「ダメだよ、いい加減なことやっちゃ」
 なるほど、「おおむねいいだろう」という私の性格が、こういうところにあらわれている。
 畑は性格が出るのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.