歳時記

人間の劣化

投稿日:

 先夜、テレビで「瞬間翻訳ツール」のことが放送された。
 日本語でしゃべれば、その声が瞬時に英語の音声になるというやつだ。
 WIHIでなく、オフラインだ。
 私と愚妻の目が合う。
「買ったら?」
 愚妻が即座に言い、私がウェブで検索し、先行販売予約をする。
 この機械はICレコーダくらいのサイズなので携帯に便利だ。
 日本語から英語(もしくはへ韓国語、中国語)の一方通行だが、こちらの意志が相手に伝わればいい。
 愚妻は愚妻、私は私で、お互い密かに旅行英語を勉強(というほどでもないが)していただけに、この機械は強力な味方になるではないか。
 旅行するたびに会話にはひと苦労である。
 愚妻は、会話は私まかせなので、私がまごついていると、
「あなた、英語がしゃべれないの?」
 軽蔑の眼差しで見るのだ。
 これでもう大丈夫である。
 あれこれ記事を調べて見ると、これからは英語でなく、お互い母国語で会話し、それを相手の国の言葉に置き換える時代になるとのこと。
 英語の勉強よりも、母国語で「伝える能力」の勉強のほうが大事になってくるそうだ。
「英語をしゃべる」は、もはや能力ではなくなるということだ。
「よかったな、勉強しなくて」
 愚妻に言うと、ジロリとニラんで、
「あなた、あちこちの英会話教室に通ったわね。そういえば、原宿まで行かなかった?」
 嫌味を言うのだ
 時代は変わる。
 読経だって、テープで流れるご時世だ。
 クルマも自動運転になる。
 結構なことだが、便利になって人間は次第に劣化していくのだろう。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.