歳時記

今日も着物である

投稿日:

 鬼のように着物を着ている。
 安価だが、私専用に桐の箪笥を買った。
 着物を包む「うこんの風呂敷」も、アマゾンで10枚買った。
 ついでに、姿見も買った。
 愚妻は、もう何も言わない。
 私が寄り切ったのだ。
 あとは、とにかく着物に馴れること。
 今日の昼間も、丹前を紬(つむぎ)に着換え、ガソリンを入れに行く愚妻のクルマに同乗した。
 クルマの乗り降りが着崩れにどう影響するか、いろいろ試しているのだ。
 明日、所用があって愚妻と岩手県の一関市へクルマで出かける。
「となれば、やっぱり袴(はかま)だな」
 クルマのなかでつぶやくと、
「ダメよ!」
 愚妻が眉を吊り上げた。
「なぜじゃ」
「宿の人が、ヘンな人が来たと思うじゃないの」
「わしのどこがヘンなのだ」
「見りゃ、わかるでしょ」
 こんなやりとりがあり、私が寄り切られてしまったのである。
 したがって明日はジーンズに赤シャツ、ハンチング。
 節操なく、和服からコロリ一転というわけだ。
 ところで、畑の大指南役に続いて、着物の大指南役と知り合った。
 愛媛県在住で、「バカガエルさん」と名乗っておられる。
 ネットで〝発見〟した人だ。
 したがって面識はないが、メールで着物について疑問を問い合わせると、親切に答えてくださる。
 ちなみに下記が「バカガエルさん」のサイトなので、着物に興味のある人はのぞいてみていただきたい。
 実に面白く、
「じゃ、いっちょう着物でも着てみるか」
 という気にさせられるだろう。
 一見の価値ありだ。
http://bakagaeru.obihimo.com/index.html

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.