日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

兵法書『兵法三十六計』に学ぶ

投稿日:

 中国の兵法書に『兵法三十六計』というのがある。
 兵法における三十六通りの戦術をまとめたものだ。
 この書の名前は知らなくても、
「三十六計、逃げるに如かず」
 という言葉なら、どなたもご存じだろう。
 これは『兵法三十六計』のなかの三十六番目の戦術で、
「窮地に陥(おちい)ったときは、まずそこから脱して身の安全を守り、後日の再起を図るべし」
 と教える。
 私が、ハタと膝を打ったのは、《第十四計/屍(かばね)を借りて魂を還(かえ)す》という戦術である。
「役に立たない者を利用しろ」
 という計略で、
「有能な者は少なく手に入りにくいもの。だから、無能な者であっても、使い方次第でいくらでも役に立つのだから、大いに使うべし。無能を無能たらしめるのは、使い方を知らないからだ」
 と教えるのだ。
 私はこれまで愚妻にあきれ、なぜ良妻にならないのかと首をひねってばかりいたが、それは間違いであった。
 すなわち、
「愚妻を愚妻たらしめるのは、使い方を知らないからだ」
 ということになるではないか。
 デキがいいとか悪いとか、人を評してはならない。
 それは結局、天にツバすることになるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.