日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

「相性がいい」という一言

投稿日:

 先週、畑に植えたタマネギや豆類のことが、ずっと気になっていた。
 たまたま畑大指南役のS氏が不在で、適当に植えたからである。
 それで今朝、畑に出かけてみると、タマネギも豆類も元気であった。
 しかも、白菜、キャベツ、大根、ホウレンソウ、小松菜など、植えた量は少ないが見事に育っているではないか。
 これにはS氏が感嘆し、
「ご主人(私のこと)は、畑と相性がいいのかもしれないね」
 とおっしゃったのである。
 これに私はすっかり気をよくし、帰途の車の中で、
「どうだ、わかったか。わしは畑と相性がいいのだ」
 と愚妻に自慢すると、
「じゃ、毎日、畑へ行ったら」
 そっぽを向いたまま、可愛げのないことを言うのだ。
 愚妻はともかく、
「畑と相性がいい」
 と思うだけで、何やら野菜が愛(いと)おしくなってくる。
 もっと丹精を込めて育てようと思う。
 たとえS氏のお世辞であったとしても、たった一言で気分はガラリと変わるのだ。
 これからは何事においても、「相性がいい」と思うことにしょう。
 気分よく生きる〝魔法の言葉〟のような気がしてきたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.