歳時記

愚妻を黙らせる

投稿日:

 私は、よく道を間違える。
 旧知の道だから、カーナビは使わない。
 だから間違え、助手席の愚妻が、
「ちょっと! どこ見て運転してるのよ!」
 私を責めることになる。
 かつては、
「しょうがねぇだろ」
 とか何とか言い訳していたが、これでは愚妻に付け入るスキを与えてしまう。
 だから最近は、こう言うのだ。
「この、わしでさえ間違えることがあると知って、おまえも安心しただろう」
 さしもの愚妻も二の句が継げず、閉口する。
 そして、もし〝人生街道〟を間違えたならば、このセリフを用いようと、私はひそかに思っているのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.