歳時記

「地震」と「ファミレスの好意」

投稿日:

 昨夜10時、急用ができて、余震のさなかクルマで出かけた。
 電車が不通になっているので、道路が混雑してるとは思っていたが、これほどまでとは。
 途中、尿意をもよおした。
 電車で20分の津田沼まで、実に8時間がかかっているのだから、それも無理はあるまい。
(ヤバイなァ)
 と思っていたところへ、目前にファミレスだ。
 ホッと安心しつつ、駐車場にハンドルを切ろうとして、
(アリャ!)
 営業時間がAM8:00~AM4:00とカンバンに書いてあるではないか。
 そのときの時間は6時。
 営業は終わっている。
 ところが。
 店内に明かりがとりも、何人か席に座っている。
 従業員が帰宅できずに待機しているのか。
 だが、この大渋滞で立ちションというわけにもいかず、店に飛び込んだところが、帰宅できない人のために、店が好意で営業をつづけていたのである。
 コーヒーなど飲み物を無料提供してくれるだけでなく、おにぎりまで握って配ってくれたのである。
「ギブ&テイク」の世知辛い世のなかに、こんな店もあるのだ。
 そして、7時をまわって一人、二人と席を立っていったが、サラリーマン風の男性も、〝腰パン〟の若者も、調理場をのぞき、丁重にお礼を言い、頭を下げて出て行った。
 それが、とても爽やかだった。
 ファミレスの名前は「ロイヤルホスト津田沼店」。
 いい店ではないか。
 先ほど、やっとこさ帰宅して、そんなことを思っているのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.