歳時記

地震の最中に思う

投稿日:

 強烈な地震であった。
 道場の前を歩く人たちがしゃがみ込んでいた。
 道路をへだてて向かい側にあるドラッグストアから、人が駐車場へ駆けだしてくる。
 陳列品が落ちてくるのだろう。
 私の仕事部屋は、本が音を立てて落ちてくる。
 危ないので道場に出ていたのだが、ガタガタと揺れる最中、何を思っていたか。
 身の危険よりも何よりも、
(後片付けが大変だな)
 と、そんなことを思っていた。
 壊滅的な地震はこないという楽観が、心のどこかにあるのだろう。
 そういえば、いまふと思い出したのだが、今朝、送られてきた通販カタログに携帯トイレが載っていた。
「おい、女性用もあるから、ドライブ用に買っておけ」
 と愚妻に言うと、
「小さいテントがあれば、地震のときでもいいんじゃない?」
 そんなことを言ったのだ。
「バカ者。地震のことなんかどうだっていい」
 と、そのときは叱りつけたが、やはり備えは必要だろう。
「万に一つ」だからこその備えなのだ。
 いまも余震が続いている。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.