歳時記

子供のジョークに感心

投稿日:

 道場にホワイトボートがある。
 空手だけでなく、稽古を引き金にして知的な刺激も与えることができればと思い、活用している。
 たとえば小学生であれば、
「空手も勉強も集中力が大事だ」
 という話しをしてから、『集中力』という字をホワイトボートに書き、
「集中力とは、力を中に集めるという意味で、〝中〟とは頭の中のことだ」
 と私流の解説をして、
「集中力を高めるには、おしゃべりをしないこと。まず1分、それから3分、5分、10分とおしゃべりの我慢をしていけば集中力はつく」
 と話して聞かせるわけだ。
 で、先夜の稽古。
「準備体操の〝屈伸〟という意味は、〝屈〟と〝伸〟という字の組み合わせで」
 と『屈伸』という字をホワイトボードに書いて説明し始めると、
「館長」
 と小3の男の子が手を挙げて、
「この道場は公文教室ですか?」
 この一言に子供たちがドッと沸いた。
 おかげで〝講義〟はうやむやになってしまったが、それにしても絶妙のタイミングとシャープなジョークに、私は感心するばかりであった。
 小学生、あなどるべからず。
 私は肝(きも)に銘じた次第である。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.