歳時記

スイカと愚妻

投稿日:

 午前6時15分。
 とりあえず脱稿である。
 やれやれ、風呂に入って、週刊誌でも読みながらスイカを食べるか。
 そう思い、隣室の愚妻を叩き起こそうかと思ったが、自重した。
 愚妻は、スイカがあまり好きではないのだ。
 叩き起こして、しかも好きでもないスイカを用意しろといえば、柳眉が逆立つことが目に見えているからである。
 先日もスイカでもめた。
「おい、スイカ!」
 風呂から怒鳴ったら、皿に入れたスイカを持ってきて、ドンと無言で風呂蓋の上に置いた。
「なんだ、その顔は」
「何十年も見てるでしょ」
「おまえという女は結婚して36年、〝すみません〟というセリフを一度も言ったことがないな」
「だって悪くないもの」
 こういう女なのだ。
 スイカは自分で冷蔵庫から出して、風呂に持って行こう。
 でもなァ。
 冷蔵庫を自分で開けたことが、私は一度もないのだ。
 何となく気後れして、スイカは愚妻が目ざめてからにして、とりあえず風呂に入ることにするか。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.