歳時記

生きている証

投稿日:

 こうしてブログを書いていると、月日のたつのが早く感じられる。
 忙しくて更新を忘れると、
(ありゃ、もう三日もたっているのか)
 日にちのたつのが何と早いものであるか、唖然とする思いである。
 週刊誌など定期刊行物に連載を持っているときもそうで、
(ありゃ、もう締め切りか)
 と、日にちのたつのが何と早いものであるか、唖然とする思いがするものである。
 だから、暮れや正月を迎えて、
(ありゃ、もう一年がたつのか)
 と唖然とするのは、毎年、定期的にそれを迎えるからである。
 もっとも、
(ありゃ、もう一年がたつのか)
 と言っているうちが華で、ポックリ逝ってしまえば「ありゃ」はなくなってしまう。
 だから、時間に追われるのが「生きている証(あかし)」ということになろうか。
 出版企画など、あれやこれやの仕事で忙しく、ここしばらく執筆から遠ざかっていたが、3月下旬から4月初旬にかけて私の新刊が2冊予定されている。
 今日から2月1日。
 時間の早さに唖然としつつ、
(生きている証だ)
 と自分に言い聞かせるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.