歳時記

順風のときに「最悪」を考えよ

投稿日:

 右足の中指を何気なく触って、
(ありゃ?)
 感覚がないのである。
 ここ数日、右膝に違和感があるので、脊柱管狭窄症の影響かもしれない。
(ヤバイなァ)
 と思いつつ、しかし脊柱管狭窄症があるのは4年前からわかっている。
 わかっているにもかかわらず、いまになって「ヤバイなァ」と思うのは、覚悟のほどができていないということになる。
 つまり、調子がいいときは忘れていて、いざ具合が悪くなると、あたふたとするというわけだ。
 これじゃ、だめだ。
 何事も順風のときに「最悪」の状態に思いをめぐらし、しかと覚悟することが大事なのではあるまいか。
「順風のとき」というのがポイントで、順風であるから最悪の事態について考えても、気持ちは平静でいられる。
 たとえば、会社勤めが順調なときは、リストラ後の生活設計について考える余裕はあるが、いざリストラされてからでは前途真っ暗で、生活設計どころではあるまい。
 脊柱管狭窄症も同じで、調子がいいときに「痛みが再発したらどう対処するか」を冷静に考えておけば、具合が悪くなっても、
(ヤバイなァ)
 という思いは小さくなるはずだ。
 たぶん「死」も同じだろう。
 いずれ確実に死ぬとわかっているのだから、元気なときに「死」についてきちんと思いをめぐらせ、しかと覚悟しておくべきだろう。
 これも「元気なとき」というのがポイントで、病気になって入院してから、
「人間は必ず死ぬのだから」
 と思えば、気持ちは落ち込む。
 ところが「元気なとき」は、死は現実感がないため、不安なくして考えられるというわけである。
 そして人生はマラソンと同じで、「終点」を見据えて日々を走ってこそ、頑張ることができ、その結果として充実が得られるのではないだろうか。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.