歳時記

昨日は畑で、今日は空手の大会

投稿日:

 眠い。
 仕事が遅れているので、半徹夜になったからだ。
 というのも、昨朝、近所に住む孫がふたり遊びに来て、
「畑、行こう」
 と言うのだ。
 5歳の男児と3歳の女児。
 ご丁寧に長靴を履き、リュックをしょっている。
 私はといえば、道場の仕事部屋へ行こうと準備をしていた。
「あら、畑につれて行かないつもりなの?」
 二階の私の部屋に入ってくるなり、愚妻が険しい顔で詰問する。
「それが、原稿が……」
「楽しみにして来ているのよ」
「それはそうだが……」
 すると階段の下から、86歳の親父が、
「おーい、畑は行かないのか?」
 かくして、私と愚妻と親父と孫ふたりが畑へ出かけたという次第。
 畑で遊ばせ、家に帰って私が孫たちを風呂に入れたので、くたくたになって、いつのまにか高いびき。
 仕事の予定は大幅に遅れ、半徹夜になったというわけである。
「お仕事、お忙しいですか?」
 久しぶりに会った人は、こんな挨拶をしてくれるが、私はこう返事するのだ。
「それが、忙しすぎて、仕事をするヒマがないんですよ」
 たいていの人は、怪訝そうな顔をする。
 今日は、これから空手の佐倉市夏季大会へ出かける。
 暑い一日になりそうだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.