歳時記

試合のあとで、私はいつも頭を悩ます

投稿日:

 昨日、佐倉市空手道夏季大会は無事終わった。
 みんなに勝たせてやりたいが、そうもいかない。
 勝った子、負けた子と悲喜こもごもだった。
 今日も稽古がある。
 勝った子は喜びをを弾みに、負けた子は悔しさをバネにさせたいと思うが、子供も十人十色。さて、何と言ってアドバイスすべきか。
 昨日の大会は、私の道場から60余名が出場しているのだが、その1人ひとりの顔を思い浮かべながら、あれこれアドバイスを考えている。
 誉めるか、慰めるか、励ますか、叱責するか。
 これが、なかなか難しく、試合のあとでいつも頭を悩ます。
 試合に出場する子供たちも大変だろうが、指導者もまた大変なのである。
 角界の名言に、
「負けて覚える相撲かな」
 というのがある。
 味のある言葉だが、この意味を理解し、バネにできるのは、一定以上の技術をもった選手だろう。
 子供たちは、「勝って覚える空手かな」だろうと思う。
 勝ち負けにはこだわらない指導を心がけているのだが、勝つことによって精神的な部分が成長することも確かだ。
 これは競技に限らず、人生も同じだろう。
 勝敗にこだわらずして、いかに勝つか。
 いかに勝たせるか。
 大変だが、指導者の醍醐味でもある。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.