日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

騒動を糧とする〝タレント知事〟

投稿日:

 東国原知事が、またぞろ話題になっている。
 衆院選に出てくれと口説く自民党もどうかと思うが、それに対して、自民党の次期総裁候補を要求する東国原知事もどうかと思う。
 だが、よくよく考えてみると、世間を騒がせば騒がすほど、東国原知事は話題になって得をするのだ。
 たとえば、フツーの県知事が
「オレを総裁候補にしてくんなきゃ、出ないよ」
 と言おうものなら大バッシングで、政治生命はチョン。
 ところが、東国原知事は、そうはならないどころか話題独占となる。
 なぜなら彼はタレント知事であるために、世間を騒がせば騒がすほど話題になって、プラスに作用するというわけである。
 大阪府の橋本知事も同様で、そこは心得たもの。
 すぐにこの話題に呼応して、
「自民党は東国原知事が官僚出身の手下のように扱える知事ではないことを理解しているのか」
「簡単に(東国原氏の要求を)け飛ばして大丈夫か。国民から総スカンを食らってしまうのではないか」
 とコメントしている。
 東国原知事の〝総裁候補発言〟などシャレの粋を出ないにもかかわらず、橋本知事は〝火に油〟の煽(あお)りである。
 すると、負けじと、テレビ番組で知名度を増した〝タレント弁護士〟の自民党・丸山参議院が、
「外からの力に頼るのか」
 と噛みついて話題になる。
 自分がタレント人気で当選しておいて、「外から力」はないだろう。
 要するに東国原知事も、橋本知事も、丸山議員も、世間を騒がせば騒がすほど得をするということなのだ。
 そんなタレント政治家の〝煽り〟に、私たちは付和雷同してはなるまい。
 良識とは、そういう見識のことであろうと、私は考えるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.