歳時記

死は必然なり、生は驚きなり

投稿日:

 今日の午前、知人の葬儀があり、昨夜遅く鴨川の仕事部屋から帰ってきた。
(訃報はいつも突然だな)
 そう思ったとき、ふと、
《死は必然なり、生は驚きなり》
 という言葉が脳裏をよぎった。
 どなたの言葉であったか失念したが、
「人間は必ず死ぬもの。それが朝、生きて目が覚めるのは当たり前ではなく、驚きである」
 といった意味だ。
 この言葉に接したとき、
(なるほどな)
 と思った。
 そして翌朝、目覚めたときに、
(おっ、今日も生きている!)
 と驚こうとしてみた。
 驚かなかった。
 バカバカしくなった。
 こうして私は「明日も生きている」と、根拠のない確信を持って日々を過ごし、いざ大病して余命の宣告でも受けたなら、うろたえるのだろう。
 死は必然と言いながら、私たちは〝言葉遊び〟をしているのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.