歳時記

君島十和子さんと「若さの進化」

投稿日:

 君島十和子さんことを「美のカリスマ」と言うのだそうだ。
 私は寡聞にして知らず、ワイドショーで、彼女の新著サイン会を見て、そのことを知った次第。
 その新著も『ザ・十和子』。
 すごいタイトルだが、43歳にして、彼女の美はどんどん進化してるそうだから、これでいいのだろう。
 美の進化について、彼女はインタビューに答えて、
「これでいいんだと決めつけることなく、もっともっと……」
 そんな意味のことをおっしゃっていた。
 なるほどなァ。
 現況に甘んじることなく、美を求めていくところに「進化」があるというわけか。
 美人のはずだ。
 私なんぞ、
「いまの自分でいいのだ」
 と〝現状肯定の生き方〟だから、「進化」しないわけである。
 だけどなァ。
 美しいことはもちろん結構だが、
「もっと美しありたい、もっと若くありたい」
 と〝求める人生〟も楽じゃないだろうな。
 と、そんなことを思った、その夜のこと。
「館長、何歳?」
 稽古のとき、小学生の女の子たちが、私にきいてきた。
「58歳だよ」
「エエーッ! ウチのお爺ちゃんと一緒だ!」
 そして、別の女の子がポツリと、
「じゃ、館長は年寄りなんだ」
 いやはや、これはショックでしたな。
 やっかみ半分で、「美のカリスマ」を揶揄しつつも、
(やっぱり、もっと、もっと、と若く、進化せねばならぬのか)
 と十和子さんの顔が脳裏をよぎった次第。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.