歳時記

何と、クロマニヨン人がペンダント

投稿日:

 約3万5000年前に彫られたビーナス像のペンダントが発見されたのだそうだ。
 つまり、クロマニヨン人がペンダントをしていたというわけである。
 東京大学総合研究博物館の西秋良宏教授は、
「年代的に見て欧州に現生人類が進出した直後に、彫刻といった芸術が花開いたことを示す成果だ」
 とコメントしている。
 我が愚妻は、指輪だ、ピアスだと宝飾品が大好きで、かねて苦々しく思っていた私は、つい先日、
「バカ者! 虚栄を追うのは現代人の悪癖だ!」
 と、一喝したばかりなのである。
 ところが3万5千年も前からペンダントのおしゃれをしていたとなると、「現代人の悪癖」という私の論拠は崩れ去ってしまうではないか。
 愚妻とはニュースをよく話題にするのだが、このクロマニヨン人のペンダントのことだけは、私は口をつぐんだのである。
 それにしても、3万5千年前のおしゃれである。
 どうやら美を求めるというのは、人間の根源的なものかもしれない。
 とするなら、美人にイケメンがモテモテになるのは当然ということだろう。
 きっと3万5千年前の当時も、美人コンテストがあったのではないか。
 〆切原稿はそっちのけで、妄想はどんどん翼を広げていくのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.