歳時記

着物と「人生の自信」

投稿日:

 このところ、着物で過ごしている。
 先日は、都内へ初めて着物で出かけた。
 クルマで行ったので、着崩れしないかと膝頭に力を入れて運転したせいで、内腿が痛くなった。
 帰途は、着崩れしてもかまわないので気楽に運転したが、着崩れしなかった。
 着物の指南書を読むと、「とにかく馴れること」と、どの本もブログも書いてあるが、「馴れる」とは、神経質にならなくても、そうそう着崩れはしないということを体験で知れ、ということなのだろうと理解した次第。
 それにしても、着物で街中を歩くと、人の視線を感じる。
(このオッサン、ヒマだな。真っ昼間から着物でプラプラしゃがって)
 自意識過剰であることは承知しながらも、そんなふうに考え、何となく気恥ずかしくなってしまうのである。
 だが、それが自意識であれ、周囲の視線を意識し、気恥ずかしさに耐え、それに馴れてくると、妙な自信がわいてくる。
 居直りである。
 居直れば、これが不思議と、自分自身に対しても自信がついてくるのである。
 こんな経験からも、服装は人間の意識を大きく変えるということを、つくづく思う。
 どんな格好でもいい。
(ちょっと気恥ずかしいな)
 と思う服装をしてみるといい。
 人生観は確実に変わるはずである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.