歳時記

私の部屋に簾(すだれ)

投稿日:

 畑の〝水やり〟は中止となった。
 昨日、映芳爺さんが、長い長いホースを買ってくることを思いついたのだ。
 畑から降りていった道路に、畑に使う水道があり、そこからホースで水を取って、畑に置いた容器に貯めておけばいいというわけだ。
「ほいじゃけん、明日の畑は来んでもええど」
 それで即刻、中止。
 実に単純な理由であった
 
 そんなわけで、今朝は寝坊した。
 開け放った窓から、そよそよと涼しい風が吹き込んでいる。
「今日は涼しいな」
 と階下におりて愚妻に言うと、ジロリとにらんで、
「あなたの部屋にも簾(すだれ)を吊したからよ。気がつかないの?」
 まったく気がつかなかった。
「それはスマンことをした」
 と、礼を言おうかと思ったが、つけあがると本人のためにならないので、私はこう言った。
「ならば、なぜもっと早く簾を吊さんのだ」
 愚妻の柳眉が逆立ったのを見て、私はそそくさと風呂場へ向かった。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.