歳時記

人生の不条理

投稿日:

愚妻がアッケラカンとして言う。

「私、本当にガンなのかしら?」

フツーはその逆で、ガンでなくても、

(もしかし、ガンかもしれない)

ちょっとした身体の不調で疑心が芽生え、これが昂じるとノイローゼのようになるというのに、愚妻は逆なのだ。

乳ガンと診断され、治療を始めながらも、
「本当かしら?」
疑っている。

究極のポジティブシンキングで、私としてもいささかあきれて、
「医者に訊いてみたらいいんじゃないか? たぶん、怒ると思うけど」

病人に向かって、
「おまえは病人なんだ」
と説得しなければならないのだから、何とも妙な気分なのである。

深読みすれば、ガンであることが受け入れられず、それに対する反発心がポジティブシンキングに転じているのかもしれないが、このところ顔色もいいし、実に元気なのである。

反対に、連日のように法務が続く私のほうが、いささかバテ気味である。

病人が元気で、健康人がぐったり。

すなわち、
「木の葉が沈んで石が浮く」

人生はいつだって不条理なのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.