歳時記

「矛盾の願望」考

投稿日:

ご高齢の方の葬儀に出仕すると、「命をいかに終えるか」ということについて否応なく考えさせられる。

死は必然である以上、私たちは必ず死んでいくわけだが、寿命が長くなかった時代は「死」そのものを恐れた。
だから「願生浄土」の宗教心はよくわかる。

ところが、寿命がどんどん延びてくると、
「ボケるのではないか」
「寝たきりになったらどうしよう」
と、「死」そのものよりも、「死に至る過程」を恐れるようになった。

その結果、
「健康のまま死んでいけるのだろうか」
という矛盾した願望をいだくようになり、「健康餓鬼」に落ちていく。

愚妻は健康サプリとストレッチ、日帰り温泉に凝っている。
「餓鬼道」に落としてはなるまい。
だから愚妻にこのことを説くのだが、例によって馬耳東風ならぬ「愚耳東風」である。

「大丈夫、私は死ぬまで健康だから」
「その根拠は何だ」
「私が大丈夫と言えば大丈夫なのよ」

この確固たる自信はどこからくるのか。
ひょっとして愚妻は、仏法を学ばずして「さとり」の境地に達しているのかもしれない。

これからはバーチャルの時代だ。
世の中の一変に高齢者は戸惑い、ますます生きづらくなるだろう。
時代という大河に身を置こうとするから、激流に翻弄されるのだ。

こういう時代にこそ、
「我は我なり」
愚妻のように「私が大丈夫と言えば大丈夫」という、根拠なき自信が大事になってくるのではないか。

根拠はいらないのだ。
私たちは理屈や整合性にこだわりすぎる。
人生はアナログであってこそ、ハッピーになれるのではないか。

「健康のまま死んでいく」
という「矛盾の願望」を笑ってはいけない。
この矛盾にこそ、人生の実相があるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2022 All Rights Reserved.