歳時記

さて、ワクチンである

投稿日:

連日、メディアの話題はコロナのワクチンである。
「私はすぐには打たないわ」
と、愚妻はすでに方針決定。

理由を訊くと、
「クルマだって新車が出てすぐ買うのはよくないじゃない」
初期の具合が出そろったところで買うのが賢明で、コロナもそれと同じだと言うのだ。

なるほど。
説得力はあるが、
「よそで言うなよ」
とクギを刺す。

わかりやすくはあるが、たとえがちょいと軽すぎるのだ。

私の場合は鎮痛剤アレルギーがあるので、接種はヤバイのではないか。

「どう思う」
「私にわかるわけないでしょ」

確かにそのとおりだが、可愛げがないこと夥(おびだで)しいのである。

そんなこんなで、自粛生活のヒマつぶしで、朝から晩まで話題はコロナ。

夕方になると、愚妻はテレビで一都三県の感染者数を見くらべながら、

「あっ、埼玉に負けてる」
「神奈川には勝ってるわよ」

アホなことに一喜一憂している。

深刻なコロナ禍であるはずなのに、イマイチ深刻度が伝わってこない。
なるほど、議員も銀座を徘徊するはずである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.