歳時記

「ガースーごっこ」

投稿日:

日帰り温泉は週二回と決めたはずなのに、
「今週は行かない」
と愚妻が言い出した。

コロナ感染の急増で、アブナイというわけだが、
「私は完全防備で入浴するから大丈夫なんだけど、問題はあなたよ」
私が感染予防に無頓着なため、心配なのだと言うのである。

たしかに私は早々に風呂から上がると休憩室に入り、原稿を書いたり、新聞を何紙も読んだり、グーグー寝たり。
それを愚妻は、感染リスクがあると懸念しているのだ。

「入浴中は感染しないのではないか?」
「そう」
「ならば、わしは休憩室には行かないで、ずっと入浴していればいい。〝ステイ湯船〟だ」
「入ってられるの?」
「長くは無理だ。したがって、おまえに時短入浴を要請する」

1時間か、2時間か、3時間か。
愚妻が「ウーン」と唸って思案を始めた。

「早く決めろ。まさか専門家の方々の意見を聞いて、なんて言うんじゃないだろうな」
「急かさないでよ」
「で、時短入浴が発出された場合、わしに補償金は出るのか?」
「バカなこと言ってないのよ」

ヒマだから、我が家は「ガースーごっこ」をして遊んでいるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.