歳時記

来週から稽古再開

投稿日:

いよいよ来週から稽古再開である。
小学校の体育館と、中学の柔剣道場を借りて週2回行う。
小学校は幼児、低学年の「しつけ教室」、中学校は小学3生以上と古武道である。

道場は3月から延々とクローズ。
中学校もずっと使用できなかった。

9カ月ぶりの再開である。
さて、何人集まるやら。

集まれば継続するし、集まらなければそれでよし。
このところ何事においても自然体なのである。

新規問い合わせは10件以上もあり、ありがたいことではあるが、
「いま稽古は休んでるんですよ」
「えッ、もうやらないんですか?」

私の応答に熱が入らないのだろう。
たいてい驚いている。

「そういうわけでもないんですがねぇ、ま、どうしたもんかと」
こんな調子なのだ。

ところが、愚妻は張り切っている。
稽古のことではない。
稽古時のコロナ対策である。

「ちょっと、これ、稽古のときにどう?」
今夕、またまた新たなマスクを買ってきた。
四層構造だとか何とか言っていた。

消毒液、非接触タイプの体温計、雑巾など、何をどう用意しているのか私にはよくわからないが、
「もうバッチリだから」

生き生きとして言うのだ。

体育館は寒い。
寒いのが苦手な私はいまから気が重いと言うのに、愚妻のこの元気さはいったい何なのだ。
たぶん、生命力が強いのだろう。

そんな女房を持った私は幸せなのか、それとも・・・。
心中、複雑なのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.