歳時記

刺身でも食べに行くか

投稿日:

露天風呂で朝の陽光を浴びながら、トンボや蝶が自在に飛んだり舞ったりするのは見ていて厭きない。

至福のひと時であり、贅沢の尺度は決して金銭でないことが実感としてわかる。

「おまえみたいなヒマ人はそうはいない」
という批難は当たらない。

私だって忙しく、やらなければならないことが山のようにある。

それでも「忙中閑あり」。
時間をやりくりして、露天風呂に浸かる時間をヒネリ出しているのである。

愚妻のように「忙中閑あり」の逆で、「閑中忙あり」であっても、朝の温泉が生活のリズムになっている。

朝寝、朝酒、朝湯が大好きなのは、民謡『会津磐梯山』に出てくる「小原庄助さん」で、これがいつしか怠け者の代名詞とされるようになった。

朝寝と朝酒はともかく、朝湯は実に爽快で、かの田中角栄も朝風呂に浸かってから一日をブルトーザのごとく働いた。

私はブルトーザにはもちろん逆立ちしてもおよばないが、軽トラックくらいの働きはしているつもりなのだ。

気がつけば、4連休はとっくに終わっている。
しゃくなので、海辺の町にでも行って新鮮な魚でも食べてくるか。

「刺身でも食うか?」
と言ったのでは愚妻は乗ってこない。

「おい、日本酒どうだ? 刺身でキュッ」
こう言えば必ず乗ってくる。

案の定、二つ返事だった。

愚妻と行きたいわけではない。
彼女がキュッとやれば、勘定は向こう持ちになるのだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.