歳時記

着替えの回数

投稿日:

私は一日に何度も着替えをするので、そのたびに愚妻は機嫌が悪くなる。

今朝は日帰り温泉へ行くので、綿のズボンにステテコを穿き、上は半袖のTシャツに七分のTシャツ。
以前、ご紹介したように、七分のTシャツとステテコは、休憩室の冷房が私には利きすぎて寒いからである。

朝七時に家を出るので、この格好でも暑くはない。

昼前に帰宅すると、そのあと保護観察対象者に面接するため喫茶店で待ち合わせているので、一応、保護司らしくまともな服装に着替える。
もちろんステテコも穿かないし、Tシャツもポロシャツに着替える。

で、面接から帰宅すると、家着の着物に着替える。
ここでポロシャツを脱ぎ、麻の下着と取り替える。

自室で仕事をはじめたが、昨夜、道場の仕事部屋から持ち帰る資料を忘れてきたことに気づき、道場に取りに行くことにする。

歩いて3分とは言え、メイン通りを横切るし、ドラッグストアやら何やらもあるので、家着で出かけるわけにいかない。

で、今度はジーンズにTシャツに着替える。

愚妻はそれを見ていて、
「ちょっと、お色直しじゃあるまいし、何度、着替えれば気がすむのよ!」
怒るのである。

そして、
「洗濯が大変だ」
とか、
「二人しか暮らしていないのに洗濯物だらけだ」
とか、ブツクサ言うのだ。

法務があるときは、これに坊主の格好が加わる。
稽古があるときは稽古着に着替え、汗をいたときの換えのTシャツも必要になる。

あれやこれやとやっていると、それに比例して着替えの回数も増えるというこに、今日は改めて気づいたのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.