歳時記

話は「前提」が勝負

投稿日:

取材でヤクザに会っていつも感心することだが、彼らの話は面白い。
聞いていて、あきさせない。

話自体の面白さもさることながら、たとえがわかりやすく、実にうまいのだ。

「わしがイモ食うて、あんさん屁ぇこきまんのか?」
「わしが酒飲んで、あんさん酔いまんのか?」

言われてみればもっともで、これに頷くと、
「それといっしょで、人様のことをあれこれ言うたらあかんのですわ」
といっ調子で話しは展開。

前提に「言われてみればもっとも」という刷り込みがあるので、そのあとに続く話につい引きこまれてしまうというわけである。

つまり、話や会話で相手を引きこみ、納得させるには「前提」が勝負ということになる。
前提で腑に落ちて納得させれば、結論で納得させるのはたやすいのだ。

ところが私たちは「結論」で勝負しようとする。
結論を見据えたまま話をするから、相手にしてみれば「我田引水」に聞こえてしまう。
だから、説得できない。

前提に全神経を傾注するのだ。

このところ交渉事が多いからか、今朝、湯船の中でそんな思いがよぎったのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.