歳時記

早朝散歩で考える

投稿日:

 今朝はセミが鳴き、田んぼの上をトンボが飛んでいた。
 夏の風情で、やっと夏が来たと思った。
 連日の猛暑はただ暑いだけであって、気分的には「夏」ではない。
 私の場合、夏はやはりセミにトンボである。
 セミの鳴き声を聞き、トンボを目にすることで、子供のころの「夏休み」が懐かしく思い出されるのだろう。
 脳のメカニズムについてはよくは知らないが、視覚と聴覚は記憶を刺激するということか。
 歩きながらここまで考えて、
「では、目と耳の不自由な人はどうなのか?」
 という思いがよぎった。
 学生時代、アルバイト原稿で、盲目のマッサージ師を取材したことがある。
 青年だったが、彼と並んで歩いていて、四つ角にさしかかると、
「そこを右です」
 と言ってから、
「風が変わるからわかるんですよ」
 と笑ったことを、いまもよく覚えている。
 視覚が不自由なぶんたけ、皮膚感覚が鋭敏になったのだと言っていた。
 彼と別れて帰途、私は四つ角に立ち止まって風を感じようとしたが、まったく無理だった。
 結局、人間は「手持ちの札」で勝負するしかないということだ。
 目が不自由なら別の感覚で、足が遅いなら別の能力で、要領が悪ければ努力でカバーする。
「あれが足りない」
「これがこうであったら」
 と、何かのせいにするのは所詮、負け犬ということか。
 短所は長所に転じる。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.