歳時記

唐突な思い

投稿日:

 昨日は、僧侶の大先輩であるF氏とお茶を飲み、信心のこと、葬儀のこと、僧侶のなすべきこと、人生のことなど、お話しをうかがった。
 僧侶の活動として、あることを企画しているのだが、F氏のアドバイスを、
「いまのまま進め」
 というふうに勝手に解釈し、意を大いに強くした次第。
 まだ準備段階なので、実際に活動が始まったら、このブログでご紹介したい。
 F氏のお話に加え、桜が開花したせいもあってか、昨日は気分が軽やかで、子供たち相手の稽古にも熱が入る。
「館長、頑張るね」
 と、小学生の女の子の一人が言えば、
「歳なんだから無理しないで休んだら」
 と別の女の子。
 そのうち、
「頭だけ剃って、どうして眉毛は剃らないの?」
 と言い出す始末。
 女は、小さいときから「口うるさい女房」に育つようにできているのではないかと、ふと思う。
 そういえば、野菜のタネはどれも同じに見えながら、ダイコンはダイコン、ニンジンはニンジンに育つではないか。
 そんなことを考えながら、
「畑には人生が詰まっている」
 と、これまた唐突な思いがよぎるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.