歳時記

「無銭飲食者の心境」に考える

投稿日:

 山形県鶴岡市の温泉旅館に42日間、無銭宿泊し、宿泊飲食代計42万4400円を払わなかったとして無職の男性(68)が逮捕された。
  所持金は、わずかに116円だったそうだ。
 私が興味を引かれるのは、この男性がどんな心境で飲食し、温泉につかっていたのだろうか、ということだ。
(バレるまで、のんびり楽しむさ)
 という居直りか、
(もうすぐバレる、どうしよう・・・)
 という恐怖か。
 どうせバレるなら、のんびりノンキに過ごしたほうが得だろう。
 人ごとではない。
 無銭飲食を「死」に置き換えたらどうか。
 人間は必ず死ぬ。
 ならば、
(死ぬまで、のんびり楽しむさ)
 というのが正解ではないか、と無銭飲食の記事に考えるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2021 All Rights Reserved.