歳時記

一将巧成りて万骨枯る

投稿日:

『一将巧成りて万骨枯る』
 という、よく知られたこの言葉は、
「将軍たちよ、手柄を立てた陰に、無数の無名兵士の死があることを忘れるな」
 と戒めたもので、人民を犠牲にして将軍たちが功名を争う唐末の世相を見た曹松(そうしよう)が詠んだ詩の一節だ。
 世界史を紐解くまでもなく、「将」は常に「万骨」に支えられて事をなす。
 天下平定も、他国の侵略もすべて、民衆や無名兵隊たちの犠牲があって初めてなしえるものだ。
 ならば、
「一将の功のために、万骨を枯らしてはいけない」
 と人道主義を説くべきものと思うが、曹松はそうはいわないで、
「万骨を忘れるな」
 とする。
 それは曹松が、
「人間社会において一将功なるためには、万骨は枯れるもの」
 という前提に立つから、
「万骨を忘れるな」
 と説いたのではないか、というのが、わたし流の解釈である。
 中国で、高速鉄道が起き、多くの死傷者を出した。
 共産党は国威高揚のため、高速鉄道の建設を急ぎ、その結果、運行システムの欠陥を招いとの報道もある。
 共産党の一党支配は、犠牲者2000万人以上という文化大革命によって確立された。
『共産党巧成りて人民枯る』
 いま曹松が生きていれば、そんな言葉をつぶやくことだろう。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.