日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

真夏の夜の「夫婦の会話」

投稿日:

 最新刊の『会話は「最初のひと言」が9割』(光文社新書)が重版した。
 発売されて、まだ10日なので、出足は好調のようである。
 ともあれ、読者諸兄に感謝。
 著述業という仕事は、プロ野球の選手のようなもので、打率が悪ければスタメンはおろか二軍に落とされ、そこでも見込みがなければ〝解雇〟となる。
 楽な世界じゃないが、好きで始めた仕事だから、文句を言っていくところはどこにもない。
 そういう意味において、ある種の達観はある。
 この達観は私だけでなく、愚妻も同じのようで、
「ちょっと、米国債がデフォルト(債務不履行)とか何とかニュースで言っているけど、デフォルトしたらどうなるの?」
 と訊いてきたので、
「世界経済は大変なことになる」
 と答えると、
「あっ、そ」
 ケロリと言う。
「大恐慌になれば不景気の嵐が吹き荒れ、食べるものもなくなるぞ」
「畑のものを食べてればいいじゃない」
「バカ者。〝畑ドロボー〟にやられる」
「じゃ、畑へ行って番をしてればいいじゃないの」
「誰が」
「あなたに決まってるじゃないの」
 夫婦でこんな会話をしつつ、真夏の夜は更けていったのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.