歳時記

浜岡原発停止は「英断」か

投稿日:

 菅首相が、中部電力浜岡原子力発電所の全面停止要請という異例の措置に踏み切った。
「政権の信頼回復を狙った」
 との声があるものの、「よくやった」の声は強い。
 もっとも、福島原発の危機状態がつづくなかで、首相の原発停止の要請に対して、
「停止なんかしちゃいかん!」
 という〝勇気ある論陣〟を張れるメディアはあるまい。
 いま原発は〝悪役〟なのだ。
 となれば、当然ながら、
「原発停止は、なぜ浜岡だけなんだ!」
 という声が原発をかかえる自治体からわき起こってくるだろう。
 だから菅首相は、停止の理由に東海地震をあげた。
 静岡県を中心とするM8クラスの大地震発生率が、今後30年間で87パーセントだから「特別ですよ」というわけだ。
 だが、
「東海地震が来るから浜岡原発を停める」
 ということであるなら、
「他の原発地域には地震は来ない」
 という理屈になる。
「いやいや、発生確率が東海地震より低いというだけです」
 というなら、
「じゃ、やっぱりウチの県の原発を停めてくれよ」
 と知事は談判するだろう。
 そう言わなければ、県民が納得しないからである。
 今後、原発はどうあるべきか、国としての方針を示さないまま、菅首相は唐突に浜岡原発停止を決めた。
 もし、この決定が菅首相の「思いつき」であったなら、日本はこれから大混乱に陥(おちい)るだろう。
 そうならないことを祈りつつ、災害の本質は「人災」であると、改めて思うのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.