日日是耕日

俗にありて、煩悩を耕す365日

歳時記

5時起きと「さとり」

投稿日:

 毎朝5時に起きている。
 楽ではない。
 ことに私の場合、〝起きる必然性〟がないから、なおさらのことだ。
 早起きの本を読んでみると、共通するのが、
「目ざめると同時に、パッと布団から跳ね起きろ」
 というものだ。
(そうだろうな)
 と思いつつも、最初はその意味がよくわからなかった。
 しかし、よくよく考えてみると、「布団から跳ね起きろ」には、深遠な意味がふくまれているだ。
 それは、こういうことだ。
 ぐずぐずして寝床を起き上がれないのは、物理的に「眠い」こともさることながら、
(こんなに眠くちゃ、一日がもたないじゃないか)
 という思いがあるからだ。
 ところが、パッと起きてみると、当初は頭がボーッとしているが、やがて霧が晴れるように目ざめてくる。
 ここなのだ。
「パッと起きろ」の真意は、
「パッと跳ね起きてみなさい。〝こんなに眠くちゃ、一日がもたないじゃないか〟という懸念は錯覚であることがわかりますよ」
 ということなのだ。
 本にはそんなことは書いていないが、私はそう思うのである。
 あるいは、サウナの水風呂が同じだ。
 手を漬けてみて、
(こんな冷たい水に入るのは大変だ)
 と思う。
 水風呂の冷たさが、ずっと続くものと思うからだ。
 ところが、いざ身体を沈めてみると、冷たくはあるが、思ったほどのものでないばかりか、気分は爽快になるのである。
「今」が眠い、冷たい、苦しい、つらいからといって、その延長がそうであるとは限らない。
 逃避せず、現実を甘受することで、そこから脱却できる。
 このことを知るのが「目ざめ」であり、「さとり」というのではないだろうか。
 朝5時起き、そしてサウナの水風呂は、そのことを私に教えてくれるのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.