歳時記

逮捕された石川議員は〝真冬のカエル〟

投稿日:

 小沢幹事長の逮捕はあるのか。
 私設秘書だった石川知裕衆院議員の逮捕で、メディアも私たちも、関心はこの一点といっていいだろう。
 石川議員がすべてをゲロするか、頑として黙秘で踏ん張るか。
「おまえ、どう思う」
 テレビニュースを見ながら愚妻に問うと、
「しゃべるに決まっているでしょ」
 あっさり言ってのけた。
「どうしてだ?」
「あの顔、見ればわかるじゃないの。お汁粉、食べる?」
 愚妻にとっては、たいしたニュースではないようだ。
 もっとも、私たちにとっても〝小沢疑惑〟は昔からあった。
(小沢なら、いろいろやってるんだろうな)
 と思っていただけに、楽しみながら事件の展開を見ているといったとろか。
 さて、石川議員はゲロするか、黙秘するか。
 こういう場合、被告の根性が問題にされるが、私はそうは思わない。
 被告が踏ん張れるかどうかは、
「親分が自分の骨を拾ってくれるかどうか」
 という信頼関係による。
 責任の一切を負えば、必ずやそれら報いてくれるという絶対の信頼感があれば、とことん親分をかばうだろう。
 とみろが、
(責任の一切を負っても、ほどぼりがさめたらポイされるかもしれない)
 という疑いの心がちょっとでもあれば、結局、ゲロってしまうだろう。
 ゲロするか黙秘するかは、本人の根性の問題ではなく、親分の人徳の問題ということなのである。
 小沢幹事長はどうか。
 たぶん、ポイするだろうな。
 剛腕で冷酷だもの。
 となれば、石川議員も、公設秘書も、ゲロゲロゲロゲロ、真冬のカエルになることだろう。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.