歳時記

笑う門に福来たる

投稿日:

一笑一若一怒一老
「いっしょう いちじゃく いちど いちろう」
 と読む。
 中国の格言で、
「笑うと笑った分だけ若くなり、怒るとその分だけ老いる」
 という意味だ。
「笑い」は体内ホルモンの分泌をうながすといわれるが、医科学と無縁の昔から、人間は経験則で笑いの効用を知っていたということか。
 要するに「笑う門に福来たる」ということなのである。
 宮崎県の東国原知事が紳助にオファーされたとかで、漫才選手権『M-1』の審査員になるそうだ。
 自民党総裁の椅子を条件に衆院選に出るとか出ないとか、地方政治がどうとか世間を騒がせたのはいつのことだったろう。
 それ以後、すっかりご無沙汰だと思っていたら、漫才選手権の審査員でカムバック。
 元々は漫才師として活動していたというから、〝宮崎のセールスマン〟も、そろそろ賞味期限が切れてきたということか。
 あの〝東国原ブーム〟はなんだったのだろう。
 ちょっと、笑っちゃいますな。
 でも、この場合の「笑い」は、笑っても福はやっては来ない。
 なぜなら、この笑いは「失笑」であるからだ。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.