歳時記

さて、肉食をやめてみると

投稿日:

 四つ足の肉を食べなくなって、そろそろ2ヶ月になる。
 なぜ肉を断ったかというと、理由はない。
 酒をやめたときもそうだった。
 私の人生の師匠が、
「もう酒はいいんじゃないか」
 何気なくおっしゃった一言で、
(そうだな)
 と、漠然と思った。
 それだけのことだ。
 ただ、私のことをよく知らない人に、
「酒はやめたんです」
 と正直に言って酌を断ると、
「身体の具合でも?」
 と、まず健康のことを聞かれる。
「いえ、健康ですよ」
 と答えると、その次は探るような目で見る。
(こいつ、酒乱だからやめたんじゃないか?)
 そんな疑念のまなざしなのである。
 これでは信用にかかわると思い、いまでは、
(すみません、酒はダメなんですよ)
 と言って断るようにしている。
 肉も同様で、
「コレステロールですか?」
 と健康のことを聞いてくる。
「いえ」
 と否定すると、
「仏教の関係ですか?」
「いえ、まったく関係なし。ただの気まぐれです。鳥は食べますから」
 正直に告げても、
「ウーム」
 と、なんとなく不審の目で私を見るというわけである。
 だけど、この年齢になると、「何かを始める」より「何かをやらなくなる」という生き方のほうが、私には気分がいい。
 すなわち「捨てていく人生」である。
 身体だって石鹸をつけて洗い流せば気分が爽快であるように、20代から70、80代まで、それぞれ節目において〝人生の風呂〟に入って垢(あか)を洗い流す必要があるのではないだろうか。
「人生の垢を洗い流す」
 とは、これまで当たり前としてきたことを「やめる」ことだと、私は思っているのである。
 明日、12月3日は、私の59回目の誕生日である。
 歳を取るごとに、ワクワクしてくるのはどうしてだろうか。
 たぶんそれは、肩肘張らず、「頑張らない生き方」というものに、とても魅力を感じているからだろうと、思っているのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.