歳時記

お香の匂い

投稿日:

 道場の一隅に私の仕事部屋がある。
 八畳ほどの広さで、長机に本箱が数個、冷蔵庫、複合コピー機、さらに小さなテーブルと椅子が四脚。狭くてコクピットのようだが、気分転換や考えごとをするときは、道場に出てうろうろ歩きまわる。
 夏は道場にゴザを敷いて昼寝をする。
 これは気分がいいものだ。
 それはさておき、私は仕事部屋で香を焚く。
 以前は、お寺の本堂の〝線香臭〟があまり好きではなかったが、いまは大好きである。取っつきにくいものほど、ハマるというが、これは本当である。
 で、気に入ったお香を買ってきて焚くわけだが、先日のこと。
「何か匂わない?」
 小学生の男の子たちが道場で話をしている。
「匂うね」
「何の匂いだろう」
「あっ、葬式の匂いだ!」
 この会話を聞いて、香の匂いが道場に漏れないよう、私は気をつけるようになった。
 葬式の匂いであって大いに結構なのだが、なぜ「結構」であるか、子供たちに説明するのは難しい。
「キミたちも、そのうち死ぬんだよ。だから、今日という一日を精一杯に生きなさい」
 そう言って、納得する子が何人いるだろうか。
 子どもに「命の尊厳」を教えることは大事だ。
 だが命は、「死」があってこその「生」である。
 子供たちに「死」から見た「命」を教えるのは正しいことなのだろうか。
 かつてお寺であった〝日曜学校〟のように、一定の時間をかけ、継続的に「命」を説いていくならよい。
 しかし、たまたま匂ったお香を引き金にして、「命」を説くのは誤解の元だろう。
 空手指導者に、そこまで求められるものではあるまいと思いながらも、曲がりなりにも僧籍にある者としては、どうしても考えてしまうのである。
 さて、どうしたものか。
 そんなことを考えながら、道場には匂わないよう、先ほどお香に火をつけた。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.