歳時記

人間は「外見」が大事

投稿日:

 いまから30年ほど前、週刊誌記者時代のこと。
 人間の「外見」と「中身」と、どっちが大事かということについて、友人と飲みながら議論したことがある。
 私は「外見だ」と主張し、友人は「中身だ」と譲らなかった。
 私が言わんとしたのは、
「中身はもちろん大切。しかし人間は外見で判断される。したがって、外見もまた大事なのだ」
 ということだが、それでも友人は、
「中身がしっかりしていれば、それはおのずと外見に現れる」
 と言い張ったものだ。
 のち、私は作家に転じて、
「お金は、あるように見えれば、それはあるのと同じ」
 といった〝実戦心理術〟を書くのだが、仏法を学ぶうちに、
(人間、やはり中身ではないか)
 と、最近になって気持ちが揺らいできた。
「お金は、あるように見えようと、見えまいと、どっちでもええがな」
 という心境である。
 ところが、
『信は荘厳から起こる』
 という言葉を見つけて、思わず唸(うな)った。
 荘厳(しょうごん)とは、仏語で仏像や仏堂を美しくおごそかに飾ることを言うが、『信は荘厳から起こる』とは、
「寺堂の立派な装飾を見て信心が啓発される」
 という意味で、
「内容は形式によって導かれる」
 というたとえである。
 どの宗派も一定レベルの寺院になると、
(おっ、すげぇな)
 と、その威容と煌(きら)びやかさに感嘆するが、
『信は荘厳から起こる』
 という言葉を念頭におけば、納得である。
 仏教ですら、「荘厳」という外見で「信」を起こさせるのだ。
 人間にとって「外見が大事」という私の主張は正しかったと、いま再認識しているところである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.