歳時記

都議選の開票速報に思う

投稿日:

 自民党が都議会選挙で惨敗した。
 昨夜はテレビの開票速報をずっと見ていたが、民主党の票が伸びるたびに、
「よし、いいぞ!」
 反対に、自民党の当選数がカウントされると、
「チェッ」
 という気分になる。
 私は民主党支持者というわけではないのに、これはどういうことだろうと、そっちのほうが気になった。
 たぶん、それは、ある種のサディスティックな気持ちのようである。
 自民党の危機が叫ばれ、東国原知事にナメられ、右往左往する姿を見ていて、
「ザマミロ。だから言わんこっちゃないだろ」
 という気持ちになっているのである。
 メディアは政策論争ということを言うが、政策で投票する人は少ないと思う。
 なぜなら、これまで政策で一票を投じていたなら、現在の政治状況にはなっていないからである。
 私たちは、「気分」で一票を投じる。
 選挙に限らず、私たちの価値判断の根底は「感情」である。
「気分」である。
 是非を超えて、私はつくづくそう思うのである。 
 これから、保護司の仕事で、受刑者の面接に刑務所へ出かける。
 9時過ぎの新幹線だ。
 選挙のたびに、 受刑者に会うたびに、人生というものを考えさせられる。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.