歳時記

ブッダと、親父と、屁理屈と

投稿日:

 今朝、畑に行くクルマのなかでのこと。
「いやァ、薬がよう効いてのう。朝までぐっすりじゃった」
 84歳の親父がバカにご機嫌で、後部座席からペラペラと安定剤の効能についてしゃべり始めた。
「眠れてよかったじゃない」
 女房の相槌が〝火に油〟となり、畑に着くまで親父のペラペラは続いていた。
「眠りが浅くて、すぐ目が覚める」
 と、親父がブツブツ言い出したのは、先月の中旬だったろうか。
「昼寝をするからじゃないのか」
 私が言うと、
「そうじゃない」
 親父はムキになって、
「夜、眠られんけん、昼に寝とるんじゃ」
 さすが私の親父である。
(ナルホド、ものは言いようじゃわい)
 と妙な感心をした。
 仏陀(ブッダ)とは「目覚めた人(さとり)」という意味だが、お釈迦さんは仏陀になる前はゴーダマシッダールタと言った。
 この名前をもじって、私は〝夜、目覚める親父〟のことを「爺っちゃまシッダールタ」と名付けていたのである。
 その「爺っちゃまシッダールタ」が、医者で安定剤を処方してもらってから、目覚めなくなったというのである。
 惜しいではないか。
 もう一息で、〝さとり〟を得て、ブッダ(目覚めた人)になれたのに……。
 そんなことを考えながら、畑を耕していると、そうと気づかずイモリを鍬で殺してしまったのである。
 かわいそうなことをした。
 ナンマンダブと念仏を称えてから、
(おまえが草の陰にいるから悪いんだぞ)
 とイモリに告げて、ふと気がついた。
 小動物を殺してさえ、「おまえが悪い」と、私は自己正当化しているのだ。
「夜、眠られんけん、昼に寝とるんじゃ」
 とムキなった「爺っちゃまシッダールタ」と同じではないか。
 どんな身勝手なことをしても、理屈はついてまわる。
 そして、それぞれの理屈が、
「わしは正しい」
 と主張し合うのだ。
 人間社会というのは、何と厄介で、滑稽で、そして愉快なことか。
 そんなことを思いながら、2時間ほどかけて畑を耕して帰った。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2020 All Rights Reserved.