歳時記

「ウソをつくな」と子供を叱れるのか?

投稿日:

 ウソに2通りある。
 自己を正当化するときにつく《消極的なウソ》と、人を騙そうとしてつく《積極的なウソ》である。
「ファミコンばかりして、宿題、ちゃんとやってんのか!」
「やってるよ」
 親に叱られ、口をとがらせて反論するのが《消極的なウソ》で、これは大目に見ていいだろう。自己正当化は、私たち大人がそうであるように、世渡り術の一つであるからだ。
 これに対してオオカミ少年は、《積極的なウソ》で、これは許されない。
 人に害をおよぼすからだ。
 こんな人間は、犯罪者と同じである。
 だから、
「ウソを言うな」
 と子供を叱るのだ。
 元公安調査庁長官の緒方重威、そしてタレントの羽賀研二が相次いで逮捕された。両事件については周知の通りだが、共通する「詐欺」とは、《積極的なウソ》のことだ。
 だから犯罪なのである。
 本日、午後6時より襷(たすき)をかけ、「社会を明るくする運動」の一環でウチワを配った。
 社会保険庁の年金問題からミートホープ事件、緒方事件、羽賀事件……。 
 私たち大人は、どのツラさげて、
「ウソを言うな」
 と子供を叱れるのだろうか。
「明るい社会」を訴えつつ、後を絶たない《積極的なウソ》に、腹立たしさを越えて暗澹たる気持ちになった次第。
 

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2019 All Rights Reserved.