歳時記

「誘い水」という基本

投稿日:

そろそろ紅葉真っ盛り。
さて、いつ見に行くか。

と言っても、予定を立てるほどでもない。
千葉県内の養老渓谷を見に行くだけだ。

問題は愚妻の体調。
抗ガン剤を投与すると、一週間ほどは体調が悪いらしく、日中はソファで眠っている。

本日で投与3日目。

「紅葉はどうする?」
「ウーン」
横になったまま、気乗りしない声で返事する。

「紅葉を見たあと、館山に下りて刺身も食べに行きたいな」
「そうねぇ」

上体を起こし、少し元気が出てくる。

「イカ刺し、うまいだろうなァ。揚がっていればいいなァ」
「問い合わせてみようかしら」

かなり元気が出てきた次第。

励ましとみせかけないで励まし、不安を煽らずして不安にする。

すなわち、人の気持ちを動かす基本は、
「誘い水にあり」

そこに気づかない人は、ダイレクトに説得しようとする。
だから、うまくいかないのだ。
私はこうして愚妻の反応から「人間学」を学ぶのである。

-歳時記

Copyright© 日日是耕日 , 2023 All Rights Reserved.